名刺管理・iPhone編

 iPhone を使って名刺管理する場合、人気なのが、「WorldCard Mobile」です。iPhone に内蔵されたカメラで名刺を取り込み、名前、社名、役職名、部署名、メールアドレス、住所、電話番号を項目別にデータ化することが可能です。このOCR機能は高い認識率を誇っていて、編集作業も簡単です。ただし、特殊な名刺、例えば名刺の背景に画像や写真がある場合などには認識率は落ちます。一度登録したデータはインデックス機能やグループ分け可能です。また、メール署名を項目ごとに振り分けて、連絡先登録をサポートしてくれる機能もあり、エクセルやGmailにエクスポートすることで、携帯だけではなくパソコンからも編集閲覧が用意にできる優れものです。また、「WorldCard Contacts」というアプリを使えば、連絡先、名刺、画像データを連携管理可能になります。WorldCard Mobile 単体では、撮影した画像が参照できないので、まとめて編集したい場合にはこちらも必要です。逆に WorldCard Contacts 単体で使って名刺のバックアップや管理もできます。OCR機能はありませんが、数が少ない場合はこちらでも十分かもしれません。

 もう一つ、WorldCard Mobile と双璧をなす名刺管理ソフトが「Cam Card」です。こちらもOCR機能を持っていて、基本的には orldCard Mobile と同じような機能を持っています。異なる点は、カメラで取り込んだ名刺は参照することが可能なところです。また、連絡先として登録するのが一般的ですが、登録せずにアプリ内で管理することもできます。
 どちらのアプリも試用版がありますので、両方使ってみて、自分に合った方を選んでください。

↑ PAGE TOP