トップページ >名刺に関する基礎知識 >正しい名刺交換のルール

正しい名刺交換のルール

 名刺を先に出すのは、訪問した方、あるいは目下の方から先に渡すのがルールとされています。失礼なくスマートに渡せるように、名刺は取り出しやすいところにしまっておきましょう。ただし、上司と一緒に初対面の人と名刺交換する場合は、上司が先に名刺を配ります。
 名刺は、自己紹介とセットですから、社名、部署名、氏名を名乗り、名刺を両手で持って差し出します。名刺の向きは相手側に正面が向くように、です。名刺を受け取る場合にも、両手で受け取ります。人差し指と親指でつまむように受け取るのではなく、手の平の上で受け取るようにした方が好印象です。また、双方が一緒に名刺を差し出して同時に交換する場合は、目下の方が、相手の名刺より下の高さから差し出すと謙虚な印象を与えることができます。この場合は、右手で名刺を差し出し、左手で相手方の名刺を受け取ります。
 名刺をいただく場合には、相手の方も自己紹介を行ってくれますが、まれに難解な字、何回な読みが使われている場合があります。うまく聞き取れなかったり、読み方に不安がある場合には、すぐに読みかたを確認します。この名前の確認は初対面でのみ許されることになっていますから、きちんと確認しましょう。すぐに覚えられない読み方の場合には、相手の方に断って読みを書き加えるか、別紙にメモします。
 受け取った名刺は、すぐに名刺入れにはしまわないのがルールです。テーブルがある席なら、名刺入れの上に載せて商談が終わるころを見計らってしまいます。複数の方から名刺を受け取った場合には、名刺を重ねずにテーブルに並べるのが基本です。名刺をいただいた相手が座っている順番に、横に並べておくのがいいでしょう。複数の方とお会いした場合、名前が覚えやすくなるというメリットがあります。また、テーブルが狭く、並べて置けない場合には、失礼を断ってから名刺入れに入れます。女性はこの時に、名刺入れをかばんにしまわず、テーブルに置いておくようにします。
 基本的なルールはありますが、状況によって臨機応変に行わなければいけない場合もあります。この場合は、どのように行えば相手に失礼とならないかを考えて行いましょう。基本的なタブーさえ犯さなければ、失礼になるようなことはないはずです。名刺交換のタブーを紹介しましょう。

  • ・座ったまま名刺を受け取る。仮に相手の方が座ったまま名刺を差し出しても、受け取る側は立って受け取るのが基本です。
  • ・受け取った名刺をポケットにそのまま入れる。また、いただいた名刺を財布に入れるのも基本的にはタブーです。名刺入れの用意がない場合は、相手が見ていない場面でしまうほうがいいでしょう。
  • ・いただいた名刺に、その場でメモ書きをする。これは間違いなく印象が良くありません。相手の特徴を書き込みたい場合は、会社に戻ってからにしましょう。
  • ・いただいた名刺を忘れて帰る。
  • ・名刺をお茶などで汚す。
 どれも考えてみれば、失礼に当たるものだということは理解できるはずです。

↑ PAGE TOP