日本以外の名刺交換

 名刺交換が一般的な習慣となっているのは、主にアジアで、特に日本、中国、韓国、台湾などではビジネス上の習慣として名刺交換が行われます。欧米諸国でもメールアドレスの交換が必要になることが多くなった事から、近年普及している習慣です。
 名刺の起源を持つ中国も、名刺交換はビジネスシーンでは日常的に行われます。とはいえ、日本で行う名刺交換のような意味で使われるようになったのは最近のことで、日本の習慣が逆輸入された形です。海外のビジネスシーンで行われる名刺交換は、ほぼ日本と同じで自己紹介と礼儀の意味で行われますが、日本と全く同じわけでもありません。日本人がいただいた名刺をすぐにしまうのがタブーとされているのに対して、中国人はそれほど神経質にはならずにすぐにしまってしまう場合もあります。
 欧米で行われる名刺交換は、日本とは異なり、別れ際に連絡先の確認として行われます。日本人と欧米人との名刺交換はどちらが合わせるかによって名刺交換のタイミングが異なります。基本的には訪問した側が相手のルールに従います。このタイミングはさほど重要ではありませんので、英語圏の方との名刺交換では、名刺交換のルールより、まずは相手と目をそらさない事に気を付けましょう。相手と目があったら、目をそらさずににっこり笑うことが基本です。
英語圏の人同士では、別れ際に名刺を交換する方が一般的ですが、こちらから言い出す分には失礼ではありません。自己紹介と握手を交わし、会話がひと段落ついたら名刺交換を切り出しのがいいでしょう。また、商談の場が日本であれば、相手側が名刺交換を促してくれる場合もありますので、一概に別れ際に交換することにはこだわらないと考えて下さい。
 基本的な交換のルールは日本と同じで、両手で丁寧に扱ってください。欧米人は貰った名刺に書き込みやメモを行う事が失礼だとは考えていませんので、仮に書き込みされても不機嫌にはならないでください。単なる文化の違いですから、割り切って考えて、自分は丁寧に扱っておけば問題はありません。

↑ PAGE TOP