トップページ > 名刺に技術士だと記載すれば評判が良くなるって本当?

名刺に技術士だと記載すれば評判が良くなるって本当?

名刺は自分を知ってもらうために重要なものです。渡すことでどのような仕事をしているのか、そしてどの立場で仕事をしているのかもわかります。この仕事をしている状況などを理解してもらい、最終的には多くの商談や交渉を成功させる必要があるのです。 では、技術士は名刺をどのように考えていけばいいのでしょうか。名刺に記載されている技術士というのは、どのような効果を与えてくれるのか知っておくといいでしょう。また、どの分野で優れているのかもしっかり示せるように名刺を作る必要もあるでしょう。

名刺に技術士と記載すれば大きなチャンスもある

名刺交換の際にどのような仕事をしているのか、どの立場で仕事をしているのかしっかりわかるようになっていれば、色々な商談も勧めやすくなるでしょう。また、仕事の際に話をする際に、技術力を持っていることがわかり、専門的な分野で話ができる可能性もあります。色々な相談が簡単にできるようになるなど、名刺というのは交換するだけであらゆる情報を得られる場合があります。

ここで技術士と記載しておけば、名刺を見るだけでこの人は優れているかもしれないと感じてもらえる場合があります。また、技術力を備えているので、交渉の際に専門的な話をしても大丈夫だと考えてもらえます。もし技術士などの記載がなければ、携わっている人は専門的な話をしてもわかってもらえない可能性があります。でも技術士と付けておくだけで、専門的な話をしても大丈夫だと判断してもらえるため、安心して商談ができると相手も感じてくれるのです。
大きなチャンスを得られる可能性もありますし、技術士としてどのような仕事をしているのか、理解してもらえるのも名刺のいいところです。しっかりと技術士として仕事をしているとわかってもらえるような名刺を作成しておくといいでしょう。ただ、名刺というのは会社ごとにどのような方針を取るかが決まっているため、まずは会社側の方針をしっかりと考えて利用するといいでしょう。

会社の方針に合わせて技術士を理解してもらうことが大事

会社の方針がどのようなものか、名刺作成の前にしっかりと確認を取ったほうがいいでしょう。場合によっては名刺が間違っていると判断され、せっかく作ったものが利用できない場合もあります。個人で名刺を作る場合は、どのような名刺を作成しなければならないかしっかりと考えておきましょう。その前には確認作業がとても大事なのです。

同時に名刺に技術士や技術分野で活躍していることがわかるように記載しておきましょう。技術士という資格を持っているだけでも専門的な知識が豊富だとわかってもらえますが、どの分野で活躍しているのかがわからないと意味がありません。活躍している場をしっかりわかってもらうためにも、まずは技術士でもどの分野を扱っているか名刺に書いておきましょう。
最後に会社での立場などをわかるようにしていれば、名刺を見るだけで技術部門に携わっていると考えられます。技術に関連する分野を扱っているなら、専門的な見地で話ができると相手側も考えてくれます。その結果、商談がスムーズに進んだり、色々な話で新しい技術の発見に期待できる場合があります。

名刺は確実に情報を交換するために重要なもの

名刺交換によって色々と立場を理解してもらう必要もありますし、名刺を見て自分を知ってもらう必要も当然あります。名刺交換で様々な情報がしっかりと得られるように、まずは名刺に技術士という資格を記載できるように考えましょう。同時にどの分野で活躍しているかがわかるように、仕事をしている分野がわかる名刺を作り上げてください。上手に行けばいい交渉が期待できるでしょう。

技術士の資格を取るなら、技術士試験対策の新技術開発センターへ

↑ PAGE TOP